2017年5月20日土曜日

記事にしてもらえるのは有難いのだが・・・

どうしよう、このブログを書いて公開しても大丈夫だろうか。
仕事柄イメージや繋がりは大切だし、マスコミの方々と親しく仲良くしているほうが絶対いいに決まっています。

でもさ、でもね。うーんどうしよう。

えい!やっぱり書いちゃお。

そして新聞関係者の方の考え方や、これに詳しい方からの説明や意見を聞きたい。


この間の日曜日に新発田であった演奏会の記事が今日の「新潟日報」に載りました。この演奏会にスポットライトが当てられて、多くの方がこの記事を読んでくださるという事は、やっているこちらからすると大変励みになるし、とてもよいアピールになるので有難いことです。
一つ前の日記には、演奏会の写真がありますから、そちらもご覧ください!

しかーし、私が気になる所を挙げると・・・



まず、一つめは演奏会のタイトル。
「琴・三弦・尺八演奏会」じゃなくて「箏・三絃・尺八演奏会」なんだよね。

「弦・絃問題」
本当は「絃」なのですが、「絃」という字が当用漢字(常用漢字の前身)になかったから「弦」の字を当てたのです。生田流の正派では「弦」、宮城派は「絃」を、山田流では「絃」が多いかな。演奏者側としても統一されていません。
だからという訳ではないですが、ま、正直どっちでもいいと思うんです。

しかし、「琴・箏問題」はそうはいかない!
これも上記の当用漢字に「箏(こと)」の字がなかったので、読みが同じ「琴(こと)」を当てたことに始まっているのです。だから本来「琴」と「箏」は違う楽器なのです。
「琴」は「一絃琴」「二絃琴」「七絃琴」や、現代では「大正琴」のように、絃に駒(柱・じ)を立てずに指などで絃を押さえて音高を決めて演奏する楽器で、「箏」は柱を立てて、その位置で音高を決めて演奏する楽器のことです。
日本は昔、弦楽器のことを総称して「こと」と言っていました。源氏物語にも「琴(きん)のこと」「箏(そう)のこと」「琵琶(びわ)のこと」とでてきます。
確かに以前の教科書には「箏」を「琴」と書いてありましたが、今どきは学校の教科書にだって「琴」なんて字を使ってないんですよ。
以前、私のことを記事にしていただいた時は、記者さんにそれを説明して、「箏」と書いていただきました。
これね。

これとか。
どちらも同じく新潟日報です。


もう一個。これは某テレビ局のニュース画像。これも箏となっています。
(それ以前に、顔がシュッとしてるではないか!痩せよう。)


もっと言えば「筝」でもなく「箏」なのです。
我々はよく、「草かんむりに争うではなく、ノ・ツのほうの箏です。」と言います。



そして、二つ目は固有名詞。
私の会「松濤会」じゃなくて「松濤會」なんだよね。
ま、これは「會」は旧字だし、固有名詞と言っても、イメージとして「会」ではなくあえて「會」にしただけ。しかも祖母から私がこの会を引き継いだ時に変えただけなので、そこまで目くじらは立てません。
それより、よく「松涛」にしなかったものだと思っています(笑)

「松涛会」「松濤会」「松濤會」
ね、イメージが違うでしょう。


三つ目は、もう失笑するしかない「琴曲部」。
これは抗議したい。

上記の「琴」の曲であれば「琴曲」でしょうね。
でもさ、「箏曲部(そうきょくぶ)」なんですけど。
「生田流琴曲」「山田流琴曲」なんて言葉聞いた事ないですけど。
記者さん、どこで調べて琴曲って書いたの?どこに「西新発田高校琴曲部」って書いてあった?なんて読むんですか?


ヤバイ、書いていてエキサイティングしてきた(笑)

冷静に冷静に。




ちなみに、これが当日配られたプログラム。

そして、市内各所に貼られていたポスター。

一般的によく使われている字とか、読みやすい字、といった基準があるのかもしれませんが、報道には「正確さ」も大切な事ではないですか?
また新聞にこう書かれると、こちらがその字で情報を提供していると誤解されるのではないか、と心配です。
考えすぎだとは思いますが、こちらが「琴」と「箏」の区別を知らないのではないか、と思われるおそれもあり、それは非常に不本意です。

せっかく記事にしていただくのならば、その辺の深いところまで考えていただきたいものですな。

そして、敢えて違う字で記事を書く意味を教えて欲しいです。


それから「和装」という言葉は好みじゃないなぁ。「着物」や「和服」で良いではないか。


~意見には個人差があります~


↑ この注を付けるあたりが、私の気の弱いところであります。

ま、これも意見には個人差がありますが(笑)


最後に、私の芸名は「祥圃」ではなく「祥圃」です。(これは画数の問題ですの)








2017年5月19日金曜日

【演奏会報告】平成29年度新発田市民音楽祭第一部 箏・三絃・尺八演奏会

この間の日曜日14日、毎年恒例の新発田の音楽祭がありました。よっぽどのことがない限り、5月の第二日曜日に開催されています。おそらく30回以上出ていると思います(笑)

各社中2曲演奏し、最後に出演社中合同の曲でお開きという内容。

今年の箏曲松濤會は、「八千代獅子」と「茶の湯音頭」を演奏しました。どっちも地歌でした。

まず、箏を始めて1年ちょっとというフレッシュメンバーを中心にした「八千代獅子」。今回、箏の低音を手付(作曲)して弾いてみました。評判がよかったかどうか誰にも聞いていませんが、いいに違いありません(笑)
尺八は竹流会の皆さん。

そしてベテランチームの「茶の湯音頭」。尺八は同じく竹流会の若木鈴舟師。

今年は、指導に行っている西新発田高校の箏曲部も出演させてもらいました。
演奏した曲は「みずうみの詩」。とても素敵な曲です。
私は演奏するつもりはなかったのですが、助っ人を頼まれて弾きました。
3年生2名と、2年生1名。この春から2年生ですが新入部員(うれしいことに、なんと男子!)が入ったので、これからは4名で活動していきます。


そして最後は「松上の鶴」。出演団体が山田流だけなので、山田流本来の曲が演奏できます。

昔は合同曲が2曲あり、それぞれ舞台に並びきれないくらいの人数で演奏していました。尺八は隙間をぬって立って吹いていたものです。
ま、それでも今回は28名。息の合ったいい合奏だったと思います。

演奏会後の集合写真。

まず高校生と玄関で。顧問の先生も一緒に。よく考えると、自分の子どもでもいいくらいの年齢なんですよね、高校生って・・・

そして箏曲松濤會の面々とは楽屋で。襟をきちんと直せばよかった・・・

とても天気がよく、まさしく演奏会日和のいい一日でした。

でも、5月の第二日曜日って・・・
新発田に駐屯している自衛隊のお祭りもあるんですよ。お客さんとそっちに取られているとかいないとか。そっちも行ってみたいのですが、行けそうにありません(笑)
ちなみにこれが今年のポスターです。



来年はおそらく5月13日です。
皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております(笑)








2017年5月3日水曜日

万代太鼓 芳香レクチェクリーム

「万代太鼓」
この単語から新潟人は二つのものを思い浮かべます。


まず一つは、新潟市の郷土芸能として定着した「万代太鼓

1968年(昭和43年8月)、第14代新潟商工会議所会頭である和田閑吉の「新潟まつりに新たな和太鼓を取り入れたい」との意向により、石川県片山津太鼓をモデルに万代太鼓飛龍会を結成。1969年(昭和44年1月1日)、新潟万代太鼓飛龍会が正式に発足し、以来、万代太鼓の創始者である飛龍会会長小泉光司の指導のもと、職場、小学校、中学校、特別支援学校、幼稚園、地域など数多くの団体により受け継がれ新潟市の芸能として確立されている。団体数は23を数える。
~Wikipediaより~


もう一つは創業安政5年の菓子店である大阪屋の銘菓「万代太鼓」。

基本はバームクーヘンのような円柱系の柔らかいクッキー生地の中にクリームが入っているもの。
ここ数年は季節限定で「レモン味」「イチゴ味」などのクリームがあります。とてもおいしいお菓子で大好きです。


私が行っている美容室は表参道のSURAJ(スラージ)なのですが、そこから徒歩数分のところに新潟県のアンテナショップ「ネスパス」があります。SURAJに行く時はだいたい立ち寄ります。いつもなかなか賑わっているんですよ。今日はお米を買いたくて寄ったのですが、レジの脇に見慣れない万代太鼓が!
思わず買ったのがこれ。自分用と、美容師さんへのお土産に。

ル・レクチェのクリームが入っているのです!
この日記を書くにあたって今食べましたが、芳醇な香りと爽やかな酸味でとても美味しかったです。


ル・レクチェって何かって?
ーーー 一言で言えば洋ナシです。

ラフランスじゃなくて?
ーーー いやいや、それは山形で、新潟はル・レクチェ。全然違うの。こっちのほうが美味しいんだから。

いや、僕の意見じゃないですよ。山形の皆さま。多くの新潟人がこう言っているだけです。意見には個人差があります。ま、私は新潟産ですがね(笑)











2017年4月29日土曜日

【ご案内】新発田市芸能音楽祭第一部 箏・三絃・尺八演奏会

毎年恒例の新発田市芸能音楽祭。今年は5月14日(日)です。
全盛の頃に比べると出演団体が減ってちょっと寂しいのですが、今年は、指導に行っている西新発田高校の箏曲部の出演させてもらいます。今年は出演者の平均年齢がグッとさがりますよ(笑)

今日は、演奏会を締めくくる合同曲の練習もありました。
場所は新発田市にある御幸町ふれあいコミュニティーセンターの和室。
箏12名、三絃10名、尺八6名での「松上の鶴」です。

その後は箏曲松濤會の合奏練習もしてきました。


さて、演奏会の詳細を。

平成29年度 新発田市芸能音楽祭第一部
箏・三絃・尺八演奏会

日時  平成29年5月14日(日) 12:30開演
場所  新発田市民文化会館 ホール
主催  新発田市民文化会館・新発田市文化団体連合会

入場無料



曲順 「 曲名 」 (作曲者)  〔出演団体〕
 
1.「小さい秋」(菊城正明編曲)〔美すず会〕
2.「八千代獅子」(藤永検校作曲・武藤祥圃箏低音手付)〔箏曲松濤會〕
3.「萩の花妻」(三世萩岡松韻作曲)〔蘭泉会〕
4.「静照の曲」(青木鈴慕作曲)〔竹流会〕
5.「みずうみの詩」(森岡章作曲)〔西新発田高校箏曲部〕
6.「都の春」(三世山勢松韻作曲)〔美すず会〕
7.「茶の湯音頭」(菊岡検校作曲)〔箏曲松濤會〕
8.「四季の調」(今井慶松作曲)〔蘭泉会〕
9.「竹流」(青木鈴慕作曲)〔竹流会〕
10.「松上の鶴」(山登万和作曲)〔合同〕


これ、毎年書いているかもしれませんが、出演するのが山田流と琴古流だけという一風変わった演奏会です。
箏を一生懸命頑張っている高校生を応援しにいらしてください!
もちろん私も応援してね(笑)


お待ちしています!














2017年4月28日金曜日

新潟青陵大学・短大 新校舎竣工!部活も新校舎!

箏曲部の指導に行っている新潟青陵大学・短期大学部に新校舎ができました。とっても素敵な校舎です。

その新校舎の竣工、そして短期大学部の50周年記念の式典・祝賀会が22日(土)にホテルオークラ新潟であり、その際の演奏を頼まれて弾いてきました。

演奏したのは「前唄付 乱輪舌」(まえうたつき みだれりんぜつ)
段もので器楽曲の「乱輪舌」に、山田流では前唄(曲の前半にある唄の部分)をつける演出があります。今回はそのスタイルで。
曲名の「乱」にちなんで、謡曲「猩々乱」の詞章を引用して歌詞にしています。
親孝行な酒売りの高風の前に、酒をいくら飲んでも顔色が変わらない猩々という妖精が現れ、舞ったあと、汲んでも汲んでも尽きることのない酒壺を与えて帰っていく。そして高風はたくさんの富を得た、というおめでたい内容で、祝典・祝宴にぴったりの曲です。

控室があると有難いのですが・・・とお願いしたところ、こんな立派なお部屋を用意していただいて恐縮のいたりでした。


これは一層指導に力を入れねば!



ということで、箏曲部の活動も4月から新校舎の音楽レッスン室になりました。
ここです。


6名いた部員のうち4名が3月に卒業。2名となりましたが、体験で2名きて、来週はまた2名くるようです。全員入ってもらいたいなぁ。
上の写真は今日で2回目の体験入部の学生を必死に取り込もうとしている私です。たまたま遊びにきていた卒業生に学生取り込みドキュメントとして撮ってもらいました(笑)

部活終了後、ばったりお会いした幼児教育の栄長先生が新校舎見学ツアーを開催してくださいました。詳しくは1行目の大学名にリンクを貼ってありますのでそちらからどうぞ。ここではかいつまんで。

校舎の2~4階が吹き抜けになっています。これは大学のHPに載っている完成予想図。

こちらが実物。中心に吹き抜けがあり、周囲に講義室などがあるつくりになっています。

立派な図書館もあるのですが、ホールも素晴らしい。
まず入口の完成予想図。正面が図書館で左側がホール入口。

実物はこちら。

卒業生ものっけましょう。

そして内部。
まず完成予想図。

そして・・・

144席という新潟にはない「ちょうど良い」ホールです。邦楽にとっても「ちょうど良い」サイズです。
残響もきちんと計算された設計で、本格的な音楽ホール。
はやくここで演奏してみたいものです。リサイタル、やろうかな(笑)
ぜひ貸してください<m(__)m>


そんなこんなで、新校舎で新入部員と活動開始!












2017年4月27日木曜日

「柳都八景」に日本舞踊の振りが付きました


「柳都八景」
平成19年に新潟市が政令指定都市に移行する事を記念して作った曲です。その年に初演をして以来、自分のリサイタルでも演奏したり、様々な舞台で演奏してきました。
平成27年には新潟市芸能まつりメインステージ「にいがた邦楽絵巻」でも約80名で演奏しました。

その後、東アジア文化都市2015の閉幕式(韓国・清州市)や

G7農業大臣会議の夕食会でも演奏した曲で、自作の中では一番のヒット曲(笑)です。


今回この曲に日本舞踊の振り付けをされたのが、花柳幸結耶師。
幸結耶先生のお弟子さんがメインステージをご覧になり、先生に「是非振付けして欲しい」と提案されたそうです。先生も「柳都八景」を聴いて気に入ってくださって、これが実現したわけです。
昨日、完成した振付けを見せていただきました。

伝統芸能の美しさは「型の美しさ」というのが大きい要素で、日本舞踊の振りもさまざまな「型」があります。
「柳都八景」も山田流箏曲の「型」を意識して作った曲なので、古典の雰囲気があります。そこに「型」を重視しながら、歌詞から想像しやすい振りが付いていて、とても素晴らしかったです。

古典のエッセンスがありながらも分かり易く親しみやすい、というのがこれから伝統芸能を現代に生かしていく方法だろうなと思います。そのためには演者が「型」をしっかり身に付けている必要がある訳で、常に精進しないといけないなと思います。

舞踊を見せていただいた後、会場周辺の先生おすすめの店の中の一つ「しまや」さんに行ってお昼を食べて色々お話しました。色々な伝統芸能の横断的な試みをやっていきたいと思います。

道すがらそのおすすめの店をいくつか見たのですが、水曜日がお休みの所がおおくてびっくりしました。飲食業って水曜休みが多いのだろうか?

ま、それはおいておき、記念撮影。

自分の曲に色々な方に魂を入れていただいて成長していく、というのは嬉しいことです。
さ、がんばろっと。







2017年4月17日月曜日

【演奏会報告】竹峯会 第44回尺八演奏会

昨日16日(日)、西新潟市民会館ホールで「竹峯会 第44回尺八演奏会」が開催されました。
桜は満開で天気もよく、絶好の行楽、あ、いや、演奏会日和でした。



私たち箏曲松濤會が賛助出演したのは、


菊岡検校作曲「茶の湯音頭」

左から
箏低音 川口岡美咲圃
箏本手 武藤祥圃  武藤岡紫圃  南 博子  横尾由紀
三弦  佐藤岡恵俏圃
尺八  松澤峯堂  高野峯幽  田中峯月  佐々木松夫



山勢検校(二世)作曲「かざしの雪」

左から
箏  武藤祥圃  武藤岡紫圃  横尾由紀
三弦 川口岡美咲圃
尺八 瀧沢峯道  小林峯昇



山木検校(二世山木太賀)作曲「寿くらべ」

左から
箏  武藤岡紫圃  南 博子
三弦 武藤祥圃
尺八 佐藤夢童



萩岡松韻(初世)作曲「俊寛曲」

左から
箏  武藤祥圃  佐藤岡恵俏圃  川口岡美咲圃  南 博子
三弦 武藤岡紫圃
尺八 笹川峯仙  小林峯昇  前山百峯

そしてすべて演奏が終わって心からホッとしている松濤會の面々です。


今さらながら、舞台での安心感は、その曲を舞台にかけた回数と練習量と比例するものだと実感しました。
また、私は唄の上げ下げの位置や音程、奏法の細かい点を厳しくというか一つ一つ正確にお稽古していて、お弟子さんにもそれを要求しているので、皆さん苦労はしているでしょうし、舞台の際のプレッシャーも相当なものだと思います。
ごめんなさいね。
でも、演奏し終えた時の達成感と爽快感はそれをしないと味わえないのですよ。
これからも頑張っていきましょう!


来年はこの竹峯会さんの演奏会は45回目。記念の会にされるとの事。こちらも気合が入ります。